江のブログ

より良い世の中・人生に向け,意見・ライフハック・アフィリエイト・便利アイテム・語学について発信します

【英語の運用力向上】『瞬間英作文』で効率的に日常英会話を習得するアプローチ!

f:id:enoshima07:20200524084617p:plain
おはようございます,えの吉です。これまでの記事で,英語力を『運用力レベル』と『語彙・文法レベル』の2軸で評価する方法について紹介しました。これにより,英語を身に付ける目標と現状の『差分』が分かり,努力目標が明確になることについてもご紹介しました。

giron.hateblo.jp

  また,運用力を高める方法として代表的なオンライン英会話について,ユーザー歴8年の経験を生かして,最もおすすめなQQEnglishについてご紹介しました。

giron.hateblo.jp

  といってもいきなり外国人と英会話ということに敷居の高さを感じる方も多いと思います。これは精神的なものだけではなく,実力面でもそうです。下地がないのに実践訓練であるオンライン英会話をやっても,ただ外国人慣れするだけで終わってしまいます。この辺の理由は記事の中で説明するとして,今回は運用力を高めるための初期の訓練としてうってつけの方法である,『瞬間英作文』についてご紹介したいと思います。

 

瞬間英作文の概要と効果

瞬間英作文とは

 「瞬間英作文」とは,ペレ出版から出版されている森沢洋介氏の書いた本『話すための瞬間英作文トレーニング』の名前です。

 「瞬間英作文」という言葉から想像できるように,やることは単純です。本を開いて,見開きの左側にある『日本語』の文章を,頭の中で素早く英訳し,見開きの右側にある『英語』のセンテンス(答え)を確認するだけです。こちらは本を使うやり方ですが,付属のCDを使う場合は,流れてくる日本語を聞き取って,素早く英訳してしゃべるだけです。

 本の構成ですが、中学1年から順に中学3年までに習う文法あるいは構文で構成されています。たとえば,SVOOであれば,下記の日本語を英訳して回答して答え合わせをします。

(日本語)兄が僕に本を一冊くれた。

  (英語)My brother gave me a book.

 このSVOOの構文を変えずに,主語Sと動詞V,目的語Oの単語・語彙(これも中学レベルの平易なものです)を変えた日本語の文を,次々と日本語→英語の順に訳していくというものです。それぞれの文法・構文につき、日本語,英語の例文が10セットずつあります。同じ構文が繰り返されるのがこの本いいところなのですが,パターン化されて簡単すぎるとか,飽きてしまったという方には,次のステップとして続編の「シャッフルトレーニング」もおすすめです。

瞬間英作文の効果

 このトレーニングの効果ですが,同じ中学1年~3年レベルの文法・構文を部分的変えて,繰り返し英文を読み上げることで,特に日常会話に必要な語彙・文法レベルの英語の(初期の)運用力が向上します。これを以前の記事で紹介した英語力のマトリックス図で説明すると以下のようになります。

f:id:enoshima07:20200522222227p:plain

 「中学1年~3年レベルの文法・構文を繰り返しアウトプットする」ということで,瞬間英作文でカバーするのは,図中の『赤で示した領域』になります。運用レベルでは『話せる』の初期であり,語彙・文法レベルでは『中学レベル』のところが該当します。

 この赤の領域をマスターすることは,その後のビジネス英語の運用力向上にも大いに役立ちます。前の記事では書きませんでしたが,図中で緑の矢印で示したように,一旦あるセル領域の左と下にあるセルがマスターできれば,黄色で示したセルもマスターしやすくなります。これはなんとなくイメージがつくのではないでしょうか。黄色の左のセルは,語彙・文法レベルが1段階低いものの,運用レベルは高レベルでマスターしていることを意味しています。一方,黄色の下のセルは,当該の語彙・文法レベルにおいて「話す」直前の運用力があるということです。2つが合わされば,黄色で示した『語彙・文法レベル』で『話せる』ようになることはそれほど難しいことではありません。

 ちなみに,「瞬間英作文」と同じ英語の初期の運用力を向上する効果のあるトレーニングとしては,オンライン英会話QQEnglishなどで提供しているカランメソッドがあります。QQEはこちらの記事で紹介しているのでご参照ください。

 

いきなり英会話が効果薄な理由

 逆に一足飛びに,右あるいは上方向に離れたセル領域をマスターするのは非常に困難です。基本的な語彙・文法についてさえ,運用レベルで低い位置にある読むことさえできない場合,いきなり英会話をやっても殆ど意味がありません。

 基礎が無い人が英会話を始めるも,外国人慣れだけして,肝心の英語が身につかないのはこのパターンです。

 

瞬間英作文の実践的な進め方

 最後の節では,「瞬間英作文」を使った実践的なトレーニング方法についてご紹介したいと思います。

CDを使った学習がお勧め!

 先の本とCDを使う方法があると書きましたが,ここではCDを使うことを強く勧めたい思います。理由は3つです。

理由①

1つ目の理由です。CDはノンストップで日本語→英語の順に再生されていきます。答えに相当する英文が再生される前に回答しようとすることで緊張感と集中力を生み出すことができます。

理由②

 2つ目の理由は,日本人にありがちな,発音やイントネーションが全然英語的になっていないときに,その誤りに気付くことができる,という点です。

理由③ 

 最後の3つ目の理由ですが,CDをつかった方が実際の英会話の近いシチュエーションになるということです。確かに一旦日本語になっている点が異なりますし,人によっては「日本語」を介している時点で駄目だ,となるかもしれません。しかし,CDで次々に回答していくと,上で書いたように,日本語から英語への変換では間に合わなくなり,先に再生される日本語の意味から英語にダイレクトに変換されていきます。また,一旦,言ってみれば『半』ダイレクトで変換できるよになれば,ほぼその表現については話せます。ですから,日常会話レベルであれば,最後は以前の記事で紹介した「オンライン英会話」などで仕上げれば良いと思います。

さらにレベルを上げるには?瞬間英作文の自作

 英語を身に付ける最終目標が,前回の記事の記載した下の図のように「ビジネス英語」という方もいるでしょう。その場合,本当は,高校レベルの語彙・文法で「瞬間英作文」をする本があるといいのですが,現状ではないようです。今後発売されるかもしれないので,ウォッチしてみてもいいかもしれません。 f:id:enoshima07:20200524071503p:plain

  現状はないので,おすすめしたいのは,瞬間英作文を自分のレベルに合わせて自作してみることです。2020年の今であれば,自分で日本語を入れて英語を再生したり,読み上げソフトを使って実作したりはできるはずです。高校レベルの表現に限らず,オンライン英会話などの学習の過程ででてきた苦手な表現が見つかったら,この表現について,日本語と英語を読み上げる音声を作成して,定期的にトライしてみることです。これを繰り返すことで,苦手な表現をピンポイントでトレーニングできます。これを繰り返していくと,いつも間にか,苦手な表現はなくなっています。自分を実践して効果のあったトレーニングですので強く勧めたいと思います。

まとめ

 今回は,英語の初期の運用力を向上する方法として,『瞬間英作文』についてご紹介しました。なかなか初期の運用力向上のトレーニングがない中で,この方法は一度ハマれば集中して没頭もしやすい,貴重なトレーニング方法だと思います。是非,うまくオンライン英会話と連携して英語学習の中に取り入れたい方法です。

 記事は以上になります。英語学習のご参考になれば幸いです。