江のブログ

意見と書評の予定です

アラフォーにとっての対韓感情の形成

f:id:gigabeat07:20200223164020j:plain

 

 私が韓国に若干嫌な印象を持ち始めたのは日韓サッカーWCからであったと思う。 ちょうど二十歳ぐらいの時だ。当時は韓国はほとんど話題にならず、隣国に日本と同じくらいの国土を持つ国がある,授業で近年発展中の新興国と習った国があるな、頑張ってほしいな、というくらいの意識しかなかった。
 
 しかしそれがちょうど日韓サッカーWCくらいから変わった。おそらく同じタイミングのアラフォーも多いと思う。
 
 大会が始まってみると,当時はセリエAに挑戦していた中田の影響もありファンであったイタリア,そしてセリエAの有名選手が多数代表入りしていたポルトガル,スペインなどの国は,誰もがおかしいと認める不可解な判定で次々敗退していくという奇妙な現象を目の当たりにした。また,日本のテレビ放送も,ここは韓国か?というほど,不自然なほどの韓国への肩の入れようで熱烈に応援し,上記の不可解な判定に対して一切触れないという徹底ぶりであった。「いったいこれは何なんだ?」という残念な気持ちとともにWCは終了した。後から知った話だが,日本単独開催でほぼ決まっていたのが,最終的に,日本がWC剥奪か共催かという展開に持って行かれた,ということもあったらしい。
 
 その後,会社に入り半導体関係の研究開発にかかわったのが,そこでまた韓国企業が登場することになる。サムスンである。少なくとも当時、日本の会社はフラッシュメモリの分野でサムスンと熾烈な競争を繰り広げていた。しかし,その製品の発明者は日本人で,どうもフラッシュメモリの技術をサムスンに提供してしまったらしい,ということがすぐに分かった。いったい、何をやっているんだろうか,というのがそのときに気持ちであった。かなり残念な気持ちであったが,このときも韓国に対して特段悪い感情はなかった。自分たち,つまり日本企業が実力で敗れ去ったとの思いが先にあったので,特に相手である韓国に対するネガティブな感情はそれほどなかった。
 
 しかしその後,少しずつ韓国の情報が入ってきて,大新聞での「日本沈没」,サッカーの試合での「震災をお祝いします」や,某サッカー選手の猿真似ポーズとその後の詭弁,,野球のWBCでマウンドでの旗立て,旭日旗に対するロビー活動など,定期的なネガティブな反応を目にするにあたり、怒りというより,韓国人をここまでさせる日本の行いとはいったいなんだったのか?真実を知りたい気持ちが強くなってきた。
 
 これが韓国に歴史的な側面で興味を持ち始めたきっかけである。